家づくりの流れ

雑誌や住宅新聞を読みあさったり、完成見学会を見に行ったり。
最終的に「ここの会社にお任せしよう」というビルダーが見つかった時、 家づくりが本格的に始動します。

01 土地探し

まずは「住む家」を建てる土地を探します。
すでに土地のある方や、2階への増築を予定されている方は必要ありませんが、理想的な土地と巡り合うための土地探しは重要です。

 
02 プラン・資金計画

仕様や敷地面積に応じて、総予算は変わってきます。 家庭で納得いくまでとことん話し合う必要があります。妥協したり、諦めたりしたら、理想の「住まい」はできません。

03 正式契約

何度も何度も打ち合わせを行い、納得いくプランができたら、いよいよビルダーと正式契約を行います。
通常、この段階で着手金の支払などが発生することになります。この辺のルールは、会社によって違いますので、納得してから契約しましょう。

04 地鎮祭・着工式

工事前に、その土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用する許しを得る儀式を行います。
「いよいよ家を建てるんだな〜」と実感する時でもあります。

05 内部工事・外部工事

工事が進んで壁や床が仕上がってくると、家の様子がだんだんとわかりようになります。
内部工事が終ると、外壁の塗装や庭・駐車場などといった外部の工事が進み、全体ができ上がってきます。

06 完成見学会

施主様に了承をいただけたら、見学会を行います。
もしかしたら「自分たちも家を建てる前にたくさん見て回ったね」と以前の経験を思い出されるかもしれません。

07 完成チェック・立ち会い検査

建物の引き渡しを前に、完成チェックと検査をします。
各設備の使用方法や説明等も行い、後からわからないことがないように確認します。

08 お引き渡し式

長かった家づくりも最後の段階です。 ご家族にとって、新居での新しい生活がいよいよスタートとなります。
お引き渡し式では、今後のご多幸を祈って、シンケンハウスのスタッフ一同でカリーをつけさせていただいています。 この後も、アフターメンテナンス等で、施主様家族とのおつき合いは続きます。

PageTop